コンサート情報


      お問い合わせ:03−3371−1250
      e-mail:t-music@ac.auone-net.jp

これからのコンサート


●声楽コンサート|のびゆく会の仲間たち
 東京芸術大学音楽学部 声楽科昭和34年卒業生有志
日時:2016年5月31日(火)14時開演(13時30分開場)
場所:東京文化会館小ホール
後援:公益社団法人日本演奏連盟・東京芸術大学音楽学部同声会
料金:2,000円(全席自由)
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)

 B 中島陽一 S 川元千明 Ms 坂上昌子 A 安念千重子 Br 築地文夫

seigaku


●長島淑子&渡辺千恵子ジョイントコンサート
日時:2013年11月3日(日)14時30分(14時開場)
場所:銀座・王子ホール
料金:4,000円(全席自由)
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)

NagasimaWatanabe

 

●第68回文化庁芸術祭参加公演第68回文化庁芸術祭参加公演 アンサンブル室町第 9回公演

『東方綺譚』(とうほうきたん)
ヨーロッパで絶賛される鬼才のヴァイオリニスト ハエ=スン・カンがソリストとして初来日!

日時: 2013年 10月 26日(土)17:30開場 18 :00プレトーク 18 :30開演
会場:津田ホール(http://tsudahall.com/)
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
後援:在日ベルギー大使館・日仏現代音楽協会・Franc-Parler・le petit journal
Editions musicales Rubin・ Editions Gallimard・ Art-U room

テーマ
20世紀のフランスを代表する作家マルグリット・ユルスナールは、ベルギーのロイヤル・アカデミーのメンバーで、フランスのアカデミー・フランセーズの会 員に選ばれた初めての女性作家です。彼女は日本に魅了され、『源氏物語』の作者である紫式部、そして三島由紀夫から大きな影響を受け、とりわけ三島由紀夫 をヨーロッパに知らせると共に、日本文学をフランス語圏の国々に広めようと熱心に努めました。
ユルスナールの『東方綺譚』( 1935-45)は、 10章の短編からなる小説であり、いずれも日本、中国、インド、中東、ギリシャといったヨーロッパから東方に位置する国々に古くから伝わる物語や伝説を素 材としています。本公演では、ブリューノ・デュコル、北爪裕通、エディット・ルジェ、鈴木純明の 4名の日仏作曲家にそれぞれ選抜した短編をテーマとした作品を委嘱しました。今回は、世界的に活躍するヴァイオリニスト、ハエ=スン・カンをソリストとし て迎え、鷹羽弘晃指揮の元、アンサンブル室町が演奏し、日仏俳優 2名による『東方綺譚』の朗読が織り交ぜられます。   
toho_a toho_b

プログラム
委嘱作品・世界初演
ブリューノ・デュコル『ワンフォ、あるいは夢の色彩』
北爪裕道『浮世の絵師』
エディット・ルジェ『風景の秘密』
鈴木純明『《ネーレイデスに恋した男》アンサンブルのための』

ヴァイオリンソリスト:ハエ=スン・カン
演奏:アンサンブル室町
指揮:鷹羽弘晃
出演:ディディエ・ダブロフスキ・萬浪大輔
プレトーク司会:関根敏子
芸術監督:ローラン・テシュネ

アンサンブル室町出演メンバー
能管:澄川武史リコーダー:野崎剛右・森吉京子
篠笛:あかる潤・新保有生トラヴェルソ:菊池香苗・仲間知子
尺八:黒田静鏡:渡辺元子オーボエ:小野智子
篳篥:鈴木絵理バロックファゴット:鈴木禎
笙:中村華子オルガン:田宮亮
琵琶:神田亜矢子・久保田晶子チェンバロ:流尾真衣・野澤知子
箏:吉川卓見・田中奈央一パーカッション:入川奨・篠田浩美
中島裕康・平田紀子バロックヴァイオリン:後藤作樂・須賀麻里江
胡弓:村澤丈児高岸卓人・丸山韶
三味線:守啓伊子バロックヴィオラ:丸山韶
打楽器:山口晃太郎ヴィオラ・ダ・ガンバ:鬼澤悠歌・中山真一
バロックチェロ:夏秋裕一・山澤慧
バロックコントラバス:片岡夢児
バロックギター:山田岳

Hae-Sun Kang Hae-Sun Kang
ハエ=スン・カン プロフィール
韓国出身。 15歳より渡仏し、パリ高等音楽院卒業。現在同音楽院教授。
ロドルフォ・リピザー(イタリア)、ミュンヘン国際音楽コンクール、フレッシュ・カーロイ・ヴァイオリンコンクール(ロンドン)、ユーディ・メニューイン 国際コンクール(イギリス)など数々のコンクールで入賞。 1993年パリ管弦楽団のコンサートマスターに就任後、ピエール・ブーレーズに見出され、アンサンブル・アンテルコンタンポランにヴァイオリンソリストと して入団。パスカル・デュサパン、イヴァン・フェデーレ、ミカエル・ジャレル、ピエール・ブーレーズなど多くの現代作曲家の作品を初演・録音。藤倉大、ブ ルーノ・マントヴァーニ、ジョルジュ・アペルギス、ベアート・フラーなど数多くの作曲家が彼女の為に作曲し、ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、オリ ヴィエ・メシアン・フェスティバル、ルツェルン音楽祭などで初演している。

アンサンブル室町
アンサンブル室町は、北とぴあ音楽祭 (東京 )をきっかけに、バロック時代の古楽器と伝統的和楽器の演奏家、舞踏家、俳優、そして広く開かれた芸術的対話に関心をもつ人々が集まって結成された。これ までに数々の公演やレクチャーコンサートを行い、約 30の作品を初演している。また、今後は楽譜出版、録音、国際作曲コンクールの開催などのプロジェクトも予定されている。 http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/

チケット予約
一般: 4,000円/学生: 3,000円
Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料(受付時間平日 10: 00. 18: 00)

お問い合わせ
マネージメント:武智音楽事務所担当: 070-6550-1376
アンサンブル室町事務局 email : office@ensemblemuromachi.or.jp


●帝国の建設者/アンサンブル室町
日時:2013年6月12日(水)14時(13時30分開場)/19時(18時30分開場)
場所:北沢タウンホール
料金:一般4,000円,学生3,000円
前売り:一般3,500円,学生2,500円
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)

和楽器・バロック楽器の演奏集団「アンサンブル室町」は6月、演出家石丸さち
子の協力を得て、戯曲「帝国の建設者」を上演する。
姿のみえないものに脅かされ、生きるためにより悪い生活環境へ逃げ延びながら、
少しずつ人生の大切なものを失い、そのいっぽうで不満のはけ口を弱者へ向ける。
ボリス・ヴィアンの遺作となったこの作品は、時代を超えてわたしたちの現在の状
況を照らし出しています。エゴイズム、自由、暴力、生きる意味、そうした問題を、
鋭く、せつなく、ばかばかしく、飄々と、『帝国の建設者』はわたしたちに突きつ
け、感じさせ、考えさせます。
この不条理劇に、1968年生まれの日本人作曲家・久木山直が13の楽器編成の委嘱
作品で音楽的な広がりを与えます。
アンサンブル室町6月公演 〜演劇と音楽のコラボレーション〜
ボリス・ヴィアン作『帝国の建設者』
チラシ  チラシ裏


●源氏物語/アンサンブル室町(和楽器+古楽器)
日時:2012年12月15日(土)14時(13時30分開場)/18時(17時30分開場)
場所:紀尾井小ホール
料金:一般4,000円,学生2,500円
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)



●松下妙子ソプラノリサイタル
 歌の花束 Bouquet of Songs
 ピアノ 高田恵子

日時:2012年10月13日(土)14:30開演(14:00開場)
場所:銀座・王子ホール
料金:4,000円(全席自由)

松下


●Lecture Concert 1/アンサンブル室町(和楽器+古楽器)
  尺八(黒田静鏡)+リュート(佐藤亜紀子)+バロックチェロ(山澤慧)

日時:2012年10月4日(木)午後7時(6時30分開場)
場所:近江楽堂(オペラシティ3F)
料金:一般2,500円,学生1,500円
お問合せ:070-5246-5788(田中)
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)

muromachiback



●この歌この調べ/狭間壮・はざまゆか ジョイントコンサート

日時:10月31日(月)午後7時
場所:津田ホール
料金:3,500円(全席自由)
出演:狭間壮(うた)/はざまゆか(鍵盤ハーモニカ・ピアノ)/吉田桂子(ピアノ)
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)




●山本緑 ピアノリサイタル

日時:7月16日(土)午後3時開演
   3月20日(日)に予定しておりましたが、今回の東北関東大地震の影響のため、延期して開催することになりました。
場所:銀座王子ホール
料金:3,500円(全席自由)
ソプラノ 吉武由子
後援:洗足学園大学
マネジメント: 武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)

 

●小田島靖子ソプラノリサイタル

日時:2010年9月18日(土)
場所:HAKUJU HALL(TEL 03-5478-8867)
料金:3,500円(全席自由)
曲目:第1部 日本名歌を歌う/第2部 中田喜直作品と新しい日本歌曲
お問合せ:武智音楽事務所(TEL 03-3371-1250)

印刷用画像(pdf)

 

●伊藤昌子名歌を歌う
 母娘そして邦楽器とのコラボレーション

日時:2010年4月9日(金)
場所:電気文化会館 ザ・コンサートホール(地下鉄 東伏見下車、徒歩3分 052-204-1133)
入場無料
曲目:第1部 日本名家集より、与謝野晶子の作品より
   第2部 邦楽器とともに
ピアノ:伊藤真理 箏:大久保智子 尺八:渡辺峨山
お問合せ:クラシック名古屋 TEL 052-678-5310


印刷用

 

 

●第11回 森田澄夫テノールリサイタル「悲しみと嘆きの向こうに」
〔終了〕
日時:2010年4月4日(日)  14:30開演 (14:00開場)
場所:津田ホール
料金:4,000円(全席自由)4,500円(当日券)
曲目:歌物語「与吉のオラショ」(初演)
   「宵待人」
   「間奏曲」(初演)
   「折り鶴抄」
  「与吉のオラショ」


チラシ表  チラシ裏

 

●麻野恵子ソプラノリサイタル
〔終了〕
日時:2010年3月25日(木)  19:00開演 (18:30開場)
場所:横浜みなとみらいホール(小)
料金:3,000円(全席自由)
後援:洗足学園音楽大学

 


●ポール・クローデルの『百扇帖』 Cont Phrases pour Evevtails de Paul Claudel  
〔終了〕
日時:2010年2月24日(水)  19:00開演 (18:30開場)
場所:日本大学カザルスホール
料金:一般4,000円/学生2,500円

出演:
  ローラン・テシュネ(チェンバロ・芸術監督)
  早島万紀子(オルガン)
  市瀬陽子・竹田純(ダンス)
  鷹羽弘晃(指揮)


チラシ表   チラシ裏

 


 

●追悼 岩崎勇氏(オーボエ奏者)

2008年10月22日 九州にてリハーサル中心臓発作で死去。77歳。
東京公演は、本年5月23日のこの公演が最後となりました 涙。

 

TOP